WRITE POOL

音楽が中心になる予定だと聞いてます

わたしの未成年観測 / 和田たけあき(くらげP)感想

 


わたしの未成年観測 - 和田たけあき(くらげP) XFD

 

更新が1ヶ月ぶりですね。

ご無沙汰しております。

 

気づいていなかったわけではない、というかはてなブログの機能として30日間更新をサボると自動送信メールにて「そろそろ更新しませんか?」と送られてくるのですがガン無視をキメていました。ゴメンて!はてなブログ

 

その更新の途絶えている間にWindowsからMacに乗り換えたりギターやベースといった機材を殆ど全て売り飛ばすという、極めて些細な環境の変化があったりもしたのですが、それは本題からも逸れるので割愛。Macいいね楽しいイエーイ。

 

 

 

 

 

 

閑話休題

 

 

 

 

 

 

 

 

そも本題に入れていない訳ですが、タイトル通り「和田たけあき(くらげP)」のメジャー1stアルバム「わたしの未成年観測」を読み聴きした感想が書きたくて、あれほど催促されても更新しなかったブログの編集ページを開いています。Macの自動変換が便利なようで邪魔臭い。勝手に変換しないでおくr…あっでも便利だ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このままだと機材の整理をした理由や個人的な心境の変化を書き始めてしまいそうなので、アルバムの話に移ります。個人的な話はもう一つのブログでするね。多分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和田さんを知ったのは、古川本舗のギタリストとしてその活動に参加しているのを見たのがキッカケです。初めて魔法という曲を聴いた時は、「こんな曲を作った人が本当に現実に存在しているのか」と本気で思ったくらい衝撃をうけました。

 

 

 


古川本舗 "魔法 feat.ちょまいよ" [A faulty Day.ver] (Official MV)

 

 

 

 

 

 

そして勿論、文字通り魔法のような曲を作り上げる要素として欠かせない存在となっている和田さんにも興味関心を持ち、楽曲を聴いたりライブを拝見しているうちにファンとなっていました。イエーイ。

 

 

 

 


沈めよ / JerryFish

 

 

 

 

 

JerryFishの活動再開を心待ちにしてます!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的な感情が漏れましたが、話を続けます。

アルバムを聴いた感想でしたね。そういう意味ではまだ一文字も書けていない…

 

バカかテメーは…?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直な話なんですが、買うのを少し迷いました。

 

だって、明らかに「モノクロアンダーグラウンド」の頃の作風が好きだったから。

 

同時に、和田さんのおかげで知ることのできた「ゆの(Yuno)」さんのイラストもその時期を境に彼の楽曲内で見ることが少なくなってきたのもある。あ…あれ?確かにゆのさんも忙しそうだろうけど…っていうかそもそも曲調ガラリと変わりすぎ………?

 

そんな感じで「売れそうなボカロ」っぽい雰囲気を嫌悪していたのかもしれない。

決してこれまでの楽曲やYunoさんのイラストが「売れ線でないマイナー路線」というわけでは無い、のだけど、変な言い方をすると「対象年齢が変わった」みたいな雰囲気を感じていた。

 

 

 

 

 

の、だけど。今回なんとなくAmazonでポチって届いたアルバムを聴いて、

ぶったまげた。

 

 

 

めちゃくちゃカッコいい。

めちゃくちゃ心に刺さる。

 

 

 

 

定額1000円前後で音楽が聴き放題な2018年現在において、1枚3000円前後するアルバムを「なんとなくポチって」いる時点で好きになるだろうなという気持ちはしていたのだけれど、まさかこんなに響く作品だとは予想だにもしていなかった、です、本当にゴメンなさい。(?)

ていうか今思ったけどこの文章を広大なネットの海(©︎攻殻機動隊に放流する時点で御本人にも届く可能性が微レ存…っていうか買って即視聴した時点でテンション上がり過ぎて御本人にリプライ飛ばしてるしな………読んでもらえてたら本当に感謝したいです、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

なんだか終わったかのような締めの文章になってしまった、けど、勿論、まだ書きたいことはある。

このアルバムに至るまでの和田Pの心境の変化。だと思うのだけど。

マンガと共にライナーノーツが付帯していて、好きなアーティストのインタビュー始め文章を読むのが好きな自分としてはこれだけでも半分以上買った価値があるのだけど(古川本舗の名前が挙がっていたのも嬉しかったです(小声))、そこには先程僕が書いた「対象年齢の変化」とも取れるような「作風の変化」についても記述があった。

 

 

 

 

と、ここまで書いて思ったんですがこれ以上書くと中身のネタバレの恐れもあるんですね…インターネット…………

 

 

 

まぁ他にもナタリーだとかご自身のTwitterでも触れられていることだとは思うのでここでは端的に要約すると、モノクロ〜までは自分の表現欲に忠実に制作した作品であること、そこから古川本舗の活動終了等々を経て心境の変化もあり、「誰かの為に創作活動をしてみよう」という心境の変化があった、的なことが書かれていました。違ったらゴメンナサイていうか真偽は購入して確かめてくれ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

【Amazon.co.jp限定】わたしの未成年観測(初回盤限定CD+コミック)(リミックスCD付)

【Amazon.co.jp限定】わたしの未成年観測(初回盤限定CD+コミック)(リミックスCD付)

 
わたしの未成年観測(初回盤限定CD+コミック)

わたしの未成年観測(初回盤限定CD+コミック)

 
【Amazon.co.jp限定】わたしの未成年観測(リミックスCD付)

【Amazon.co.jp限定】わたしの未成年観測(リミックスCD付)

 
わたしの未成年観測

わたしの未成年観測

 

 

 

 

 

 

爆裂宣伝タームも済ませたので戻ります

 

 

んで、その「誰かの為の創作」っていうのが、結果としてその後の諸作品におけるMV動画のミリオン再生だったりメジャーアルバム発売に、もっと言えば僕が感じた「対象年齢の変化」に繋がっているんじゃないかな、と感じた。

 

ここで改めて書きたいのだけれど、いわゆる「売れ線に走る」だとか「ガキ向けになっちまった」みたいなことを書きたいわけではない。し、そもそもそれらを否定するつもりも毛頭ない。売れ線バンザイ。メインストリーム最高。

 

ただやっぱり、モノクロ〜で好きになった身としては戸惑いを覚える事も当然ではあったと思う。だからこそ今回のライナーノーツで作者さんの心境の変化や捜索に対する姿勢みたいなものを知ることができて本当に嬉し買った、というか、安心した、というか…?上手くは言えないな…?(©︎スカート/古川本舗)

 

で。それを読んで上記のような感情を抱いたと共に、ただただ尊敬の念が沸々と湧いてドバドバしていた。ちくしょう語彙力がない。

 

 

不足したボキャブラリを補うように誠心誠意努力して記述すると。

 

インターネットやSNSが発達した2018年現在。

言ってしまえば「ある程度」の「創作活動」が誰でも出来るようになった時代。

同人活動というものが広く普及し、CDや書籍として創作物を完成させ、創作したものを発表する場が用意されていて、実力のある人であれば少なくない賞賛をSNSを通じて受け取ること、が、可能な現代。

 

“みんな”が「個性」や「自分自身」を追い求めることが許されている。

 

 

勿論、ひと昔まえみたいに「自分探しの旅」と称してモラトリアムに耽るようなことをすれば周囲から嘲笑とともに咎められることは間違いないのだけれど。それでも「自分自身」を「表現」するという自由が確約されている。いやそりゃあ憲法には表現の自由とかいって公共の福祉うんぬんに反しさえしなければ何年も前から確約されていたことではあるんだろうけど。よく聞く「メジャーに行ったらプロデューサーやスタッフに方向性を捻じ曲げられた」みたいな事象を見かけることは極端に減った。気がするだけかもしれないけど。

 

 

 

まぁとにかく、自由。

好き勝手できる。

私は好きにした 君らも好きにしろ。(cシン・ゴジラ

 

 

 

 

 

そんな中で、このアルバムを発表した、してくれた意味っていうのは

とんでもなく大きいような気がしてるんです。よ。

だって、「誰かの期待に応えようとする創作」って声高に宣言する方が圧倒的に困難なことだと思う。

それって「誰かに影響されようが、君は君だ」と、めちゃくちゃ力強く背中を押されたような気持ちがしていて。俺は最高に熱くなりました。一人称が安定しなくてごめん。

 

 

 

 

 

 

なんだかオチらしいオチも書けていないまま、書きたいことが言えてしまったような気分になってきた。ここからさらに各曲の感想の記述に移るとキリがない上に(このアルバムの最高な点でもあるのだけれど)、セルフライナーノーツは各曲毎に十全な記述が為されているので、あえてここで個人の感想を述べるまでもないように思う。っつーか音楽聴いて感じることなんて「最高!」か「あんまし好きじゃないけど…まぁ好きな人もきっといるだろうなウン…」の2択じゃないの?最近はなんでもレビューされる社会だけど、基本的には2億点か100点(自分には合わなくても、好きな人もいるかもしれないからね)の2択だと思います。このアルバムは5兆点。モチのロンウィーズリー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モチのロンウィーズリー…………????????????????????????????????????????????????????????????????????

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺は、完全に正気を失いました。

 

 

月並みですが、今日はこんな感じで。

 

 

 

 


わたしの未成年観測 - 和田たけあき(くらげP) XFD